嵐を乗り越えて〜コヤブソニック2012

大阪で9/29(土)、9/30(日)の2Days行われたコヤブソニック2012。
d0032862_2348962.jpg


私は今回が初参加ということで、この日のために新たにバンドを結成!
強力なメンバー(Gtブラボー小松/Love arm UJINO/DJ ノボル)を揃え臨みました。


しかし、心配していた台風が30日に大接近。。。
午前中はなんとか特設会場で開催に漕ぎ着けたものの、午後には会場を近くの体育館へ移動ということに。

会場に着いてびっくり!
体育館のアリーナに急遽つくった簡易ステージを、お客さんが見下ろすという前代未聞のスタイルでした。

前日までの、この↓ステージをイメージしていたら、
d0032862_22104124.jpg

実際の体育館の即席ステージはこちら↓でした。。。
d0032862_22115616.jpg


楽屋も吉本の芸人さんたちとアーティストが一緒の大部屋で、いつもテレビで見る顔があちらにも、こちらにも。

もうこうなったら、この状況を楽しむしかない!
2700のツネさんと写真を撮って頂いたり、同業者でもなかなかお目にかかれないアーティストの方たちとお話したり。
d0032862_23492021.jpg


メンバーはマッサージを受けてリラックス。
d0032862_228792.jpg


出番待ちのこんな方も。。。
d0032862_23491897.jpg


お客さんは雨風の中、野外会場から移動して、たくさん残っていてくれました。
芸人さんたちもお客さんを盛り上げ、
お客さんも笑顔でそれにこたえ、
みんなが一体になってましたね。

そして、いよいよ出番!
d0032862_2252281.jpg

ステージ側から見るとこんな感じ。
d0032862_22551280.jpg

ギターのブラボー小松
d0032862_23501357.jpg

お客さんもこのレアな状況を楽しもうと、
一緒に歌ってくれたり、踊ってくれたり、
まさに一体に!

そしてライヴ後、小籔さんに
「おしゃれの煮こごりですね!」と言われましたよ(笑)
すかさずRGが
「いや、おしゃれのジュレって言ってください」と突っ込んでいましたが(笑)

エンディングにカジくんと。
d0032862_22573946.jpg


小籔さん、お疲れさまでした。
d0032862_23504572.jpg


主催の小籔さんからのご挨拶
「コヤブソニック2012に来て頂いたお客様、どうもありがとうございました。
台風が近づく日を選んでしまい、大変申し訳ありませんでした。マジですんません。
2日目は、台風の接近に伴い急な会場の変更がありました。この事態に、一番大変だったスタッフの皆様、やりにくいところでやって頂いたアーティストの皆様、会場の使用を認めて頂いた、舞洲アリーナの方に本当に感謝です。
そして、協賛頂きました皆様、本当にありがとうございました。
沢山の人のおかげで、出来てるフェスの名前に自分の名前だけ入れて、すみません。
大変な日に、2日間あわした張本人が言うことではありませんが、とても楽しかったです。一生忘れられないイベントができました。皆様方のおかげです。
ナイスソニック! 」

台風大接近で、会場を急遽変更したり、様々なドラマティックな出来事があったものの、
コヤソニは中止されることなく、お客さん、スタッフ、出演者の力で無事終えることができました。
私にとっても思い出に残るフェスになりました。
また来年きっと!
d0032862_23511850.jpg


ライヴのあとは、大宴会場での打ち上げに参加。
d0032862_2343577.jpg

これがまた楽しかった。
芸人さんたちの2ステージ目を見せてもらったようで、おおいに笑わせて頂きました。

最後に天津木村さんが駆け寄ってきて記念撮影!
d0032862_23511861.jpg


みなさま、
ありがとうございました〜!
[PR]
by maki_nomiya | 2012-10-07 23:34 | Comments(0)
野宮真貴
Maki Nomiya
1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。 2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

野宮真貴の詳しい情報はこちら
http://www.missmakinomiya.com/
LINK
lovefake

masse mensch

【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム