デジャビュ

一週間ほど前、六本木ヒルズのエストネーションというセレクトショップへ行った。
開店してすぐの時間だったので、お客さんもまばらで、
ゆったりと秋冬のトレンドチェックとばかりに、ウインドウショッピング。

・・・と、売り場中央で、お付の女性とテレビカメラを抱えた男性と買い物中の見覚えのある白人女性が・・・。

「おや!あれは、ヴィクトリア・べッカムでは?」

何度も振り返り確かめたのだが、確かにその女性はヴィクトリアであった。

私の推理としては、某バッグブランドのキャンペーンで来日中で、海外セレブにも人気のあるグランドハイアットに宿泊中で、ちょっとした空き時間が出来たので近所のセレクトショップでお買い物中で。。。

――その女性がヴィクトリアとわかって、私は時空をグルグルとさまようような感覚に陥った。
なぜならちょうど一年ほど前、同じ場所で、同じシチュエーションで彼女と遭遇していたから。

お付の女性もカメラマンも、ヴィクトリアがアウターを試着する様子も、寸分たがわず同じシーンが繰り広げられていてのだった。

こういうの、デジャビュって言うんでしょ?
[PR]
by maki_nomiya | 2007-10-12 21:47 | Comments(3)
Commented by 村井 at 2007-10-13 10:06 x
はじめまして。m-flo&ケンさんとの曲を聞いてここまで来てしまいました!←すごいいい曲でした!!
しかしヴィクトリアが、、す、すごい。。そんなデジャヴなら体験したいかも(笑
Commented by hiro at 2007-10-17 10:05 x
ヴィクトリアに1年に一度遭遇することがすごいです。。
さすがです!!!

最近まわりで風邪が流行ってます。
おしゃれが楽しい季節ですが、
野宮さんも気をつけてくださいね。
Commented by ひらちゃん at 2007-10-17 19:40 x
mixiのピチカートファイブコミュからはるばるこちらにたどり着きました。
ピチカートファイブが大好きで近頃また聴きまくってます。子育ても一段落して、自分を取り戻すべく私も真貴さんみたいな女性になれるよう自分を磨きたいと思っています。こんな風にコメントを入れることができうれしいです。ずっと素敵でいてください。
野宮真貴
Maki Nomiya
1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。 2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

野宮真貴の詳しい情報はこちら
http://www.missmakinomiya.com/
LINK
lovefake

masse mensch

【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム