古くて新しい出会い

友人が「ダルマの会」を結成した。
誘ってくれたので、嬉しく、めでたく入会。
「ダルマの会」とは、サントリーオールド(通称ダルマ)を飲む会である。
昭和の家庭に必ずあった幸せの象徴「ダルマ」を今大人になってから味わってみるという会。
私が「ダルマ」と聞いて真っ先に思い出したのは、エプロンやら、お洋服を着せられたダルマのボトルの姿。
覚えてる人いるかな?
この「ダルマの会」のために、ボトルに着せるエプロンを制作する予定。
d0032862_1451282.jpg

石川セリさんのライヴへ行った。
ミッドタウンにある、今話題のビルボードライヴ東京は、夜景が素晴らしい、大人が音楽を楽しめる素敵な空間であった。
セリさんのヘアメイクをnoboruが担当していたので、ヘアスタイルが凄いことになっていたが、セリさんの存在感と貫禄で、その凄いヘアスタイルが不思議なくらい自然で、
とても良い効果になっていた。
そう、ステージはセリさんの自由奔放な魅力で一杯でした。
20数年ぶりに出した新曲も披露してくれたし、おなじみの「ダンスはうまく踊れない」や「moonlight surfer」も嬉しかった。
アンコールにはパンタが飛び入りして、私を驚かせた。
なぜって、実はデビュー当時私はパンタと同じ事務所だったのだ。
懐かしすぎる再会!
そして、私はこの日セリさんをはじめ先輩方にお会いして、彼らの余裕と、プロの貫禄と、失われない輝きを目の当たりにし、自分が仕事に対して立ち向かい過ぎていたのでは?と考えさせられたな〜。
d0032862_14271466.jpg

[PR]
by maki_nomiya | 2008-05-30 14:30 | Comments(3)
Commented by 医師が教える科学的英語 at 2008-05-30 17:58 x
「ダルマ」を今大人になってから味わってみる会!

昭和な雰囲気のボトルいいですね 

モデルチェンジしないでそのままのold でいてほしいですね

応援してます!!
Commented by ゴォー! at 2008-05-30 18:16 x
私はまだそういう場所に行ったことないんですよね・・・
いくつになったら、大人が楽しめる空間になじめるようになるんでしょう・・・
Commented by アイワイカード使う主婦 at 2008-05-31 10:00 x
石川セリさんですか・・懐かしいです。
また、聞きたいですね。
野宮真貴
Maki Nomiya
1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。 2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

野宮真貴の詳しい情報はこちら
http://www.missmakinomiya.com/
LINK
lovefake

masse mensch

【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム