「ほっ」と。キャンペーン

”ポタロク2DAYS” リポート その2

6/3(日)に行われた、ポータブル・ロックのライヴ“ポタロク”DAYS”の2日目!
たくさんのお客様が来てくれて、またまた盛り上がりました!
d0032862_1028242.jpg



2日目のゲストは鈴木さえ子さん。最近では、ケロロ軍曹の音楽を担当したりと活躍されています。実は、ポータブル・ロックとの共演というのは初!。鈴木さえ子&TOMISIROのリハーサル写真。
d0032862_10292492.jpg



前半は初日と同じく、ポタロクのアコースティックコーナーに続いて、ゲストの鈴木さえ子さんの登場!ソロのピアノメドレーがはじまると会場はあっと言う間に鈴木さえ子ワールドに。続いてTOMISIROのふたりが参加して『Dear Friend』、『クロノスの森』の2曲を。さえ子さんのリードヴォーカルも聞けたのはとても貴重!
d0032862_10375481.jpg


続いて、ポタロクも加わり、今回一緒にライヴをするにあたって、さえ子さんからのリクエストだった『森の信号』を。この曲は1990年に北海道芦別にオープンした赤毛のアンのテーマパークのために制作されたCDの中で、さえ子さん作曲の楽曲に私がヴォーカルをとったもの。実は、さえ子んからリクエストされたものの、私はその曲をすっかり忘れていて、Youtubeで探してしまいました(笑)。ふたりともCDを持っていなくて、さえ子さんはネットで取り寄せたそう。そんな訳で、レコーディング以来初披露となるこの曲、キーは少し高かったのだけど原曲のままで当時の雰囲気を再現しました。そして、もう1曲は1986年にCMタイアップでリリースしたポータブル・ロックのセカンドシングル『春して恋して見つめてキスして』(作詞作曲:鈴木さえ子)を披露。この曲はかつてポタロクのライヴで何度かやっているのもののさえ子さんと一緒にやるのは初!と、2日目はゲストの鈴木さえ子さんと共に貴重なライヴをお届けすることが出来ました。さえ子さんァンに、「よくぞ、鈴木さえ子さんを出してくれた!」と感謝されたほど。
d0032862_1031058.jpg


この後の休憩中は、懐かしい映像を会場で流しました(初日にも、ゲストの鈴木慶一さんにちなんだ貴重な映像を流しました!)。二日目はポタロクのはずかしいPVや、水族館ライヴの模様など。

そして、後半は会場と一体となって盛り上がりました〜!アンコールには再びさえ子さんとTOMISIROのふたりもステージに登場して『グリーンブックス』で、ポタロク2DAYSの幕は閉じました。
d0032862_103139100.jpg


今回のライヴは、1989年に録音した、「スウィート・ルネッサンス」(作詞:小西康陽、作詞:鈴木智文)、「イーディ」(作詞:小西康陽、作曲:中原信雄)の幻の音源が21年ぶりに発掘されて、ポタロクのライヴ音源と一緒にCD化された『ROST&FOUND』 の発売記念でもあった訳で、この2曲は録音されたものの、私が直後にピチカート・ファイヴに加入することになりお蔵入りしてしまったので、私の30年間の歌手人生にとってはポータブル・ロックとピチカート・ファイヴを繋ぐ意味のある曲であることと、当時リリースすると小西くんと約束して歌詞を書いてもらったものだったので、こうして21年経ってその約束が果たせて良かったと思っています。

この日も、SHI-SHONENのメンバーや東京ブラボーのメンバーなど懐かしい友人たちがたくさん来てくれて、初日に続き打ち上げは完全に同窓会でした(笑)。
d0032862_10321649.jpg


久しぶりのポータブル・ロックのライヴ、21年前の幻の楽曲、レコーディング以来初めて歌う鈴木さえ子さんとの曲など、ファンの方たちにとっても懐かしく、そして新鮮に聞いて頂けたと思います。ファンの笑顔と、ステージ上のメンバーの笑顔と、来てくれた懐かしの音楽仲間たちの笑顔で幸せな2日間でした。3人合わせて161歳のポタロクメンバーにとって2DAYSは体力の限界への挑戦でもあったけど(笑)、そんなこと軽く乗り越えられる素敵な2日間でした。
来てくれたファンのみなさん、本当にありがとう!
今後は、マイペースで新曲にも挑戦しながら、またライヴでお会い出来る日を楽しみにしております。懐かしい音楽仲間たちの同窓会でもあるので、これは恒例にしないとね!
d0032862_10324215.jpg


幻の2曲を含む ポータブル・ロックの最新作『LOST&FOUND』発売中!
http://tower.jp/item/3066802/LOST-&-FOUND
d0032862_10484785.jpg

[PR]
# by maki_nomiya | 2012-06-15 10:50 | Comments(0)

”ポタロク2DAYS”リポート その1

ポータブル・ロックの久しぶり過ぎるワンマンライヴ“ポタロク2DAYS”が、6/2、6/3渋谷
渋谷CLUB CRAWLにて無事終了。小さな会場だったけれど、またそれも良し!ファンのみなさんとより近づくことができて、良い雰囲気の中ライヴは進みました。私たちも、とても楽しい時間でした!
来てくれたみなさん、本当にどうもありがとう!
今回はポータブル・ロックのメンバー、ギターの鈴木智文、ベースの中原信雄に加え、サポートメンバーとして金津ヒロシくんと私の4人編成。
d0032862_22485523.jpg



初日6/2(土)のリハーサル。久しぶりのライヴでも、そこは気心知れたメンバー、ひとたび音が出ればすぐに勘が戻るもの。昔と変わったことは、それぞれにさりげない気遣いができるようになったことと、ライヴを心から楽しめるようになったことかな。大人になるのも悪くない。
d0032862_22471079.jpg



1部はアコースティックなアレンジで懐かしい曲(いじわる電波/Tutu/アイドル/真珠海岸/グリーンブックス)の数々をお届け。初日のゲスト鈴木慶一さんをお迎えして、まずは1曲ムーンライダーズの『森へ帰ろう』をソロで披露してくれた。これは貴重ね。
d0032862_22493750.jpg


続いて、私の30年前のデビューアルバム”ピンクの心”から慶一さんが「他人に書いた曲の中で1本の指に入る」と言ってくれた『ウサギと私』を一緒に。
d0032862_22504443.jpg


ポタロクのメンバーも加わり、慶一さんのリクエスト曲『ゴーレムポルカ』『冬の葡萄畑』、そしてムーンライダーズ15周年ライヴにピチカート・ファイヴで参加して歌った『My name is Jack』をお届け。奇しくもこの日はマンフレッド・マンが来日公演だったのね。
d0032862_22512876.jpg



ここで休憩を挟んで、後半は今回のサポートメンバーの金ちゃんこと金津ヒロシくんがアレンジに加わった『ピクニック』、そして21年ぶりに発掘された幻の音源2曲のうち、本邦初公開の『イーディ』(作詞:小西康陽 作曲:中原信雄)の世界に入り込んだところで、まさかの機材トラブル!復活するまで、なんとかMCでつなぐ。ファンのみなさんも暖かく見守ってくれたので、ありがたかったな。気を取り直して『イーディ』再び、『CINEMIC LOVE』 アレンジ違いで2度目の『アイドル』、『ダンスボランティア〜憂ウツのHold me』、幻の『スウィートルネッサンス』、最後はアレンジ違いの『グリーンブックス』でした。
d0032862_22575164.jpg



そしてアンコールは、高浪慶太郎くんがマンフレッド・マンへ行かずに(偉い!)ポタロクのライヴに来てくれたので、ステージに呼び込み急遽『スウィート・ソウル・レビュー』を一緒に歌いました。ファンのみなさんには嬉しいサプライズだったと思うけど、私にとっても慶太郎くんと同じステージに経つのは、(うーん、何年ぶりだろう?)感慨深いものがありました。
d0032862_2302859.jpg



会場にも懐かしい顔ぶれがたくさん。東京タワーズ、フィルムス、VOICE、カーネーション、ファントムギフト、佐藤奈々子さん等々…まるで同窓会!それもまた楽しかったのでした!
プチ打ち上げには信藤三雄さんの姿も。みなさん来てくれてありがと〜。
d0032862_2323790.jpg



幻の2曲を含む ポータブル・ロックの最新作『ロスト&ファウンド』発売中!
http://tower.jp/item/3066802/LOST-&-FOUND
d0032862_23114421.jpg

[PR]
# by maki_nomiya | 2012-06-13 23:05 | Comments(0)

7/1(日)大阪梅田mambo cafeでのORANGE RECORDSイベントに出演!

「ゲストでちらり出演します〜♪」

ORANGE RECORDS presents
”Storytelling2 “THE LONDON BOOK” special”

2012/07/01 (日)@ 梅田mambo cafe
15:00 OPEN 16:00 START
前売り 3,000yen(別途1ドリンク代必要) 当日3,500yen(別途1ドリンク代必要)

■ゲストライブ:SHOKO (with Hideki Kaji and Hideki “GEN” Hara)
■ゲストDJ:カジヒデキ
■スペシャル・ゲスト・ミニライブ:野宮真貴
■DJ:グルーヴあんちゃん、社長(ORANGE RECORDS)
■SHOKOスペシャルトーク&サイン会

★予約特典:当日限定スペシャルMIX CD
Selected by カジヒデキ + グルーヴあんちゃん
Desined by SHOKO
Mixed by グルーヴあんちゃん

■ご予約:代表者名,人数,電話番号,Eメールアドレスを明記の上、下記までご連絡下さい。こちらからの返信メールをもってご予約完了とさせて頂きます。
info@orangerecords.biz(先着60名様、定員を持って受付を終了させていただきます)

■Information:ORANGE RECORDS Website http://orangerecords.biz/
[PR]
# by maki_nomiya | 2012-06-13 11:09 | Comments(0)

Billboard Live style 7月号

d0032862_11562620.jpg


東京は今日もどんよりとした空模様。でも大丈夫!『雨の日の女の子に出来ること』Billboad live styleで語りました。
ビルボード東京(7/8)ビルボード大阪(7/20)のライヴでは、一足お先に梅雨明けのような爽やかなライヴをお届けしたいと思います〜!是非、来てね!
[PR]
# by maki_nomiya | 2012-06-12 11:59 | Comments(0)

6/10(日)NHK FM「サウンドクリエイターズファイル」にゲスト出演!

d0032862_12504287.jpg


本日!聞いてね!

NHK FM「サウンドクリエイターズファイル」6月のマンスリーDJは前山田健一/ヒャダインが担当。6/10(日)には野宮真貴が登場して、ヒャダインの”ピチカート・マニア”ぶりが炸裂!!!

http://www.nhk.or.jp/fm/scf/
[PR]
# by maki_nomiya | 2012-06-10 12:51 | Comments(0)

野宮真貴
Maki Nomiya
1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。 2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

野宮真貴の詳しい情報はこちら
http://www.missmakinomiya.com/
LINK
lovefake

masse mensch

【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム