Futonに一緒に入った3日間!?

ハロハロ、みなさん。ちょっぴりご無沙汰してました。実は、先週タイからFutonというバンドが来日をして、3日間一緒にレコーディングをしていました。Futonは本国タイのMTVでチャートに入る人気者ですが、日本ではまだ知らない人が多いかな?唯一のタイ人であるヴォーカルのgene、日本人の桃子、イギリス人のDavidと、80年代日本のRock Showの表紙を飾っていたPanacheのBee,そしてSuedeのSimonの五人組です。音楽はのジャンルはエレクトロ・パンクとかって言われているけど、私にとってはグラム・ロックって言う方がしっくりくる感じ。レコーディングはとても楽しくて、野宮の新境地とでもいうべき曲があがりました。一曲はパンクな感じ。もう一曲はバラードなんだけど、これは菊地成孔さんとのデュエットね!期待しててね!いやー、しかしFutonのみなさんは超元気で、連日パーティやら新宿2丁目へ繰り出してましたよ。
もちろん私も付き合ったわけだけど、Futonが帰ったあと疲れちゃって一日寝てました、はい。
また、レコーディング情報など、お伝えしますです!
d0032862_1701275.jpg
[PR]
by maki_nomiya | 2005-07-25 17:02 | Comments(3)
Commented at 2005-07-25 20:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by julya at 2005-07-25 23:31 x
去年9月、バンコクでFUTONと菊地成孔さんのSpank Happyのライブを見てきました。現地の子たちに混じっての4時間。とっても楽しかった!

あとで、知ったのですが、Spank Happyのボーカルの女の子が急病で、代役をリップシンクでモデルの女の子が務めたそうですが、野宮さんが代わりに歌うという話があったのは本当ですか?! 野宮さんのSpank Happyがぜひ見てみたいです!!
Commented by at 2005-07-27 11:21 x
ああ~っ!パナッシュ!!懐かしいです。すごく楽しそうなバンドですね。早速チェックします。
野宮真貴
Maki Nomiya
1981年『ピンクの心』でデビュー。その後「ポータブル・ロック」を経て、80年代ニューウェイブシーンを代表する存在に。90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。現在、独創的な存在感と歌声で、音楽に加え、カルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。そのエッセンスを凝縮したシアトリカルなライブパフォーマンスが近年の白眉として、注目を集めている。 2011年にデビュー30周年を迎えるにあたり、2010年10月20日には、デビューアルバムがボーナストラックを加えて再発売された。

野宮真貴の詳しい情報はこちら
http://www.missmakinomiya.com/
LINK
lovefake

masse mensch

【おことわり 】
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当コンテンツへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認いたします。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - 会社概要 - ヘルプWoman.exciteBB.exciteGame.exciteエキサイト ホーム